モアナと伝説の海を観た感想と観たかった理由は?歌や物語は?

モアナと伝説の海

モアナと伝説の海とは?

南太平洋に伝わる不思議な伝説を基に描くディズニーアニメ、幼年期のある出来事をきっかけに海と強い絆で結ばれ、選ばれし人として、16歳の大冒険が始まります。(この後、ネタバレも少し含まれます)

新人のアウリイ・クラヴァーリョが抜てきされ、南太平洋の海原と島の幼女から少女に成長して海を駆け抜ける冒険心あふれた歌声も注目の一つ。

英語版のモアナ役のアウリイ・クラヴァーリョさんと日本語版のモアナ役の屋比久知奈(やびくともな)さんが歌う。

誰よりも海を愛する少女モアナは島の海原のサンゴ礁から外に出ることを禁止されていたものの、海に守られた運命が冒険へと導かれる。

加藤ミリアさんはエンドロールでテーマソングでもある「どこまでも How Far I’ll Go」を歌います。

モアナは古くから住む島が危機におちいり、愛する島と島民、両親を助けるため、おばあちゃんからの助言もあって島を出て未知の海のかなたへ冒険をともない救済に向かいます。

島の命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心、失われた心を元に戻すべく、サンゴ礁の向こうの果てしない海原への航海に出ていくのです。
モアナは伝説の英雄マウイと出会い、七転八倒しながらも冒険を共にします。

「モアナと伝説の海」は、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」にも出てくる神話をも思わせる、海の伝説の話から始まります。そしてモアナがいつしかその謎を知り・・

 

スポンサーリンク



「モアナと伝説の海」が観たかった理由は?

「モアナと伝説の海」が観たかった理由は、海をはじめとした映像の美しさとミュージカルソングがあります。「アナと雪の女王」のレット・イット・ゴーのソングを思わせる歌唱力と力強さを全面に出して歌われますが、なにより海のCGの美しさと、その表現力をどうしても観たくて・・・。

海のCGのリアルさではこれ以上ないくらい実写に近いものに、大ヒットした映画「タイタニック」があります。この時の海の表現は、タイタニックの舳先に見えるイルカが海の中で泳ぎ回り、飛び跳ねるシーンがありますが、あれはCGなのですね。

本当に驚きます。今回はディズニー・アニメーションの海なので、海の美しさと、その表現がとても楽しみでした。同じアニメには、海と水、空をとてもうまく表現したシーンでは映画「ズートピア」もありました。

スポンサーリンク



また、アニメーションの冒頭では、アニメの完成具合が見た目として期待外と思われた映画の中には「ポーラエクスプレス」もありましたが、実はこれを観ると全く期待以上、予想以上の映画に出来ているのですね。ここでは物語が完全に主役となっています。見た目のアニメの粗さでは判断できないことが分かります。

「モアナと伝説の海」を観た感想は、予想通り海の表現がきれい、海とモアナのとりまく物語が美しい映像とともに表現力を見せてくれます。実は海のCGの美しさは映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(Life of Pi)の映画の中に海とクジラの幻想的な美しいCGのシーンが出てくるのですが、そのシーンの表現と比べてみたいとも思っていました。

波の表現力がキレイ、波の動きがこれまでになく面白く表現力を擬人的に感じさせてくれます。

物語は、モアナに心の迷いが出て、自信を喪失しそうになるものの、歌い始めるとモアナの奥底に秘められた力が湧いて出てきて、モアナの使命感を再度感じることでき冒険心が戻り、自信を取り戻しながら、島を救うためさらなる冒険に挑みます。

このあたりの物語の展開が、少女の力強さ、モアナの意志の強さを全面に出して、困難を解決に導いていく「アナと雪の女王」に共通とも思える使命をまっとうしようとする心が物語を力強く作っていくのです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください