エンゼルスの大谷翔平選手の観戦ツアーを観に行くプランは?

エンゼルス6月試合日程

二刀流で活躍しているエンゼルスの大谷翔平選手。ピッチャーでもバッターでも、スタメンに登場するのは観る方は楽しいですね。日本では、球場で直接大谷選手を観たもののの、渡米してメジャーで活躍しているとなると、テレビだけでは今一つ、という人もいるはずですね。

やっぱり、直接、アメリカに行って観たいものですが、ではどうのようにプランしていけばいいのでしょうか。

MLB エンゼルス 大谷翔平選手の観戦ツアーと応援に行こう!

スポンサーリンク



エンゼルスの大谷翔平選手は投手、打者の二刀流でスタメンで出場が多いため、観戦ツアーで行っても見れるチャンスが2倍楽しめるということになります。現実としてはなかなか、ピッチャーとバッターを同時に観るには、それなりの日程をとらないと見れませんが。

どちらか片方は観れるチャンスはもちろんあります。

そして、メジャーリーグは野球ファンでなくても楽しめます、もちろん野球ファンで、しかも大谷選手のファンであれば大興奮間違いなしですね。

野球を知らない初めての人でも観戦するとひょっとして大谷選手の、にわかファンになるかもしれません。現に、野球の知らない人が行っても楽しめたとのことです。

エンゼルスの大谷翔平選手の登板はいつ?いつバッターボックスに立つ?
もちろん、大谷選手のコンディションが一番ですが、加えてマイク・ソーシア監督が大谷選手の休養日と対戦相手も考えて決めるので、せいぜい1週間程度でおよその登板や出場が分かるようになると思われます。

もちろん、あらあら決まっていても、突然の怪我や登板変更もごく普通にあります。

月間の対戦予定は分かります。大谷選手のピッチャーの登板間隔が、およそ6日間、投げた前後は丸1日休養をとるので、その後にバッターとしてスタメンに名を連ねて出る可能性は高いのです。

ホームでの試合、遠征して試合をするなど、日本にいても1週間から4ケ月ぐらいの先の予定は分かります。

アメリカへ行くには、急に予定は立てられない場合もあります。
アナハイムのホームグラウンドで観戦するのか、それとも遠征先で観戦するのか決めるのが先になります。

遠征先では天気も気になるところです。雨で順延も普通にあります。

大谷翔平選手を観戦するのにいい時期は?

そこでいつアメリカへ行くのがいいのか?ということです。

エンゼルスの大谷翔平選手がバッターか、ピッチャーとして登板する日を狙いつつ、格安でいけるのが一番いいですよね。

アメリカのロサンゼルスは日本と違って梅雨がない、あまり雨は降らないので傘をさす習慣がありません。雨の心配はそうありません。

これからの6月なんかとてもいい時期ではないでしょうか。

6月から7月中旬くらいは、行ける方にはお勧め時期の一つです。

 

なぜなら旅行のツアーは、皆さんが言う旅行のハイシーズンの8月(夏休み)に向けて料金が高くなってくるからです。

子供の夏休みを含めてみんなが休みを一斉に取り始めます。親子で野球観戦もあるでしょう。

秋に入るとまた値段が落ち着いてきます。MLBのシーズンオフが9月末なので9月もお勧めで、シルバーウィークに休みを利用して行くのもいいですね。

かなり料金的には高くなりますが、予算に余裕があれば夏休み、お盆休みに観戦はありですね。

エンゼルスのアナハイムのホームで観戦する?それても遠征先で観る?

ホームであるロサンゼルスで観る場合と、ニューヨーク、シアトル、ボストンの遠征先で見るかによっても変わってきます。
オススメはやはり、日本から近いホームであるロサンゼルスの方がいいですよね。

まずは航空チケット料金が安い、そしてフライト時間が短いが魅力ですよね。

ロサンゼルスは西海岸ですがニューヨークやボストンなどの東海岸へ行くとなると10時間を超えるフライトになります。
もちろん料金も上がりますし、フライトによっては1回乗り換える場合もあります。

ニューヨークとボストンへ行って体験した人も多いと思いますが、長時間動かずじっとしていると、カラダに負担がかかり、かなり腰が痛くなる場合も、というか人もいます。

場合によっては西海岸だけでも初めての人は人によりますが、少々きついかもしれませんね。自身は結構楽しめましたが、飛行機酔いする人もいます。

また遠征先では、ヤンキースの田中選手など登板があれば観れるチャンスがあるので、その登板を予想して行くのもいいですね。
そのかわり料金的にも距離がある分、上がりますが、観たい場合は楽しめますね。

大谷選手観戦ツアープランの注意点、登板やスタメン、試合予定と時差は?

ホームで見る場合、エンゼルスの試合予定を見ることになります。

あと、登板予想、打者としていつ出るのかというのはソーシア監督次第ですが、1週間前に旅行を予約できるようでしたらネットで登板予定やバッターで出るのかをチエックして予約になります。

また、問題は時差があるので、アメリカの場合は、例えば日本を今日出発したとしてアメリカ時間の日本と同じに日に着きます。

日本から飛行機に乗ってロサンゼルス空港へ降り、試合を観るには1日時差を見ます。

もちろん帰りの飛行機も同じく帰りはアメリカの日付プラス1日かかります。偏西風の関係で往復の機内に乗っている時間は多少プラス・マイナス搭乗時間は違います。

旅行プランを立てる場合は5日間はとった方がいいでしょうか。超特急で見るというプランもありますが、せっかくだから高い航空券を買ってもったいないので、休日を余分にとって、ゆっくり観たいところです。

格安チケットでのフライトの場合はそれはそれでいいでしょうか。

なぜ5日なのかは、ロサンゼルスへのフライトが10時間かかります。

だいたい日本時間の夕方から夜にかけてのフライトが多く、そしてアメリカ時間の朝から昼にロサンゼルス空港へ着くというプランです。

午前中に着くため、ホテルへチェックインしてゆっくり夕方からのナイターの試合が観戦できます。

ここで2日かかり、次の日に夕方から試合を見てもいいですし、観光してもいいですね。

最後の日は、フライトがだいたい午前中のため、少しゆっくりしてから飛行機に乗って、次の日に日本へ着く感じです。
そのため、おおよそ5日間がひとつのくくりのプランになります。

あとは、2試合見るか、1試合にして観光するかですね。

ESTAの申請手続きが必要な、ESTA(エスタ)とは?

スポンサーリンク



アメリカへの渡航には米国ESTA(エスタ)電子渡航認証の申請手続きが必要です。

これは、アメリカの電子渡航認証システムといって、渡航認証は、入国カードと同じ働きをしますが、世界から色々な人がアメリカに渡航します。

その渡航者の中に危険人物が含まれていないか、事前にチエックするため、米国政府が導入したシステムなのです。

アメリカにビザ無しで90日以内の旅行か、商用目的に渡航する人が申請し、フライトの搭乗前は、

渡航の72時間前までに登録を推奨。万一の場合は、搭乗手続きまでに完了していればでOKです。
そして、そのESTAは許可された日から最長2年間有効となっています。

つまりですよ、試合観戦に行くためには、72時間前(3日前)迄に済ませるので、ちょっと心配になるかもしれませんね。しかし、その手続は旅行会社で出来ます。

エンゼルスの大谷翔平選手の登板やスタメンを予想して旅行予約をして行くことになるので、結構忙しくなりそうです。

エンゼルスの大谷翔平選手を観る時期は、いつがいいの?

行く方の休みや予定があるので何とも言えませんが、比較的いい時期をお伝えすると

連休が3日間とれる場合、現地日付けで

6月は21日(木)~24日(日)にホーム試合があって、一つの観戦ベストプランになります。

エンゼルス6月試合日程

7月は6日(金)~8日(日)中1日休みで、

10日(火)~12日(木)あたりがホームで試合。

前半の方が週末を絡めて予定がたつかもしれませんね。

20日(金)~29日(日)もホームで試合ですし週末で、ここも観戦できそうです。

7月の連休は14日(土)から16日ですが、エンゼルスは13日(金)から15日(日)ドジャーズ戦なのでニューヨークへ行くならいいですね。

9月は

10日(月)~16日(日)

24日(月)~26日(水)

28日(金)~30日(日)も一つの観戦プランになります。

敬老の日がある15日(土)~17日(月曜日)か

振替休日がある22日(土)から24日(月)も観戦にはいいですね。

8月に入って

6日(月)~8日(水)

10日(金)~12日(日)

24日(金)~28日(火)の観戦。

お盆休みが入る10日からもあります。ただ料金的には一番高くはなりますが。

9月の連休に休みをとって、5日間でホームであるロサンゼルスでするのもベストプランですね。

観客席はどうなの?

メジャーリーグを観た人は分かりますが、あまりに安い席で遠いと双眼鏡がないと選手の顔を見れません。ましてや3階席のあるスタンドでは・・・。

そこで観客席も重要になりますが、各旅行会社ではベースの席、プラス料金でいい席にグレードアップします。

観客席については$14(一番遠い席)から$200(一番近い席)からVIP席まで色々あります。

ここは予算次第ですが、せっかく見るのでしたら観客席の真ん中席にグレードアップするか、安く済ませて双眼鏡で頑張るかです。できれば近くで大谷選手をみたいですよね。

基本観戦席は旅行ツアーで基本に組まれている料金がかからない席で一番外側の席です。

また、外野1階席になると10,000円ぐらいアップ、内野の方が高くて20,000円くらいアップします。

ちなみにバックネット裏で間近に選手を見れるVIP席は旅行会社に相談となっています。

空席かどうかという問題もあるので、席は旅行会社で詳しく聞くのも一つの方法ですね。

エンゼルスのホームページでもチケットは取れますので、多少英語が分かる方は予約しても良いかもしれません。

大谷選手観戦ツアーの旅行会社の選択は?

1つ目は、しっかりとツアーが組まれている旅行代理店を通して行きます。

2つ目はオプションが多い少し安い旅行代理店での観戦ツアー。

3つ目は自分でプランを立てて行くです。

旅なれていない方は旅行会社を通した方が良いですね。STAの申請手続きや席の確約など自分ですると大変だと思います。

例えば、大手旅行会社のJTB。

JTBは、空港からホテル、ホテルから試合会場までのアクセスもついているプランが多く、プラス料金がかかるのは観光の部分でしょうか。シートの料金は選べるプランが用意されているはずです。

観光もオプショナルでも色々あり、少々割高ですがしっかりとプランが組まれつつ自由時間もあるので一つの観戦プランとしてはいいですね。

平均的にいいのはHIS、自身も大谷選手の観戦ツアーではないですが、利用しました。

基本プランは安い部類に入ります。

ただ心配な方にはホテルから野球会場へのアクセスも追加プランもあり、席も選べ、空港からホテルまでも係りが来たり、観光のオプションもあります。

3つ目の選択肢は自身で手配するは危険もあるので、初めてであれば慣れていないとあまりお勧めできないかもしれません。アメリカは思っている以上に危険ですので地理に詳しく英語が分かる方には一つの選択肢としてはあります。

MLB観戦ツアーのついでに観光は?

観戦ツアー以外の自由時間をどうするか?

2試合見る方はプラス試合をつけると良いのですが、昼間は時間が余りますよね。

1日間は観光へまわすならディズニーランド?

ディズニーのチケットも安くは無いですから、それでもやっぱりディズニーですよね。

チャンスがあるなら、一度は観たいところで、観ないと後悔するかもですね。

アナハイム近くだとナッツベリーファームや遊園地、アウトレットなんかもあります。

時間があればロサンゼルス市内の方へ行くのも見どころはたくさんあります。

映画「ラ・ラ・ラランド」もこの西海岸のフリーウェイを中心に、見どころ満載です。

自然派ならグランドキャニオン、ヨセミテ公園などもちろん行きたい観光スポットの一つ。

また、食事がついているオプショナルツアーもあるため、大きいステーキを食べるのも興味は尽きないところです。

まとめ

エンゼルスのホームであるロサンゼルスをメインにしましたが、アメリカは広いため、ヤンキース、ドジャーズ、マリナーズ、レッドソックスなど違ったチームや対戦相手など、その地区で観たい試合は、また一つの観戦の醍醐味。

アメリカは電車より国内は飛行機移動が中心です。せっかく高い航空券を使って時間をかけてアメリカに大谷選手の観戦ツアーを組むなら、いっぱい現地でしか味わえない雰囲気も満喫して帰国して欲しいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください