2017年のセブンイレブン 恵方巻を予約して食べてみた感想と意外な特長も!

2017年のセブンイレブン 恵方巻

セブンイレブン 恵方巻 2017年版を予約したのは、そもそも「恵方巻」を流行させて、今の節分の日に恵方巻をたべるようになったのはセブンイレブンが元祖だったわけです。

セブンの恵方巻を食べずに恵方巻を語ると・・言うと全く大げさですが、食べないわけにはいかないです。

と言うか食べたい!

そんなことで、マストな2017年セブンイレブンの恵方巻を食べてみた結果は?・・

スポンサーリンク



セブンイレブンの恵方巻の2017年版を食べてみると、海苔が意外なことに!

 

今回、注文したセブンイレブンの恵方巻の2017年版の種類は、「福を呼ぶ七品目の恵方巻」、「贅沢恵方巻」「海老とツナの恵方巻」、「牛すき巻牛蒡しぐれ仕立て」です。

他のコンビニ恵方巻も食べましたが、セブンイレブンの恵方巻は上記の理由からどうしても外すわけにはいきません。

かなり興味のあったところで、下記は食べてみての感想です。
セブンイレブンの恵方巻も他のコンビニ同様に色々な種類があり、他のコンビニに無い特長もあります。

折角だから、こんな恵方巻があってもいいのではと、考えていたことの一つでしたが、それはセブンイレブンがとても大事にしているコンビニならではの得意分野を活かしていることがありました。

 

セブンイレブンの恵方巻2017年版 「福を呼ぶ七品目の恵方巻」

 

セブンイレブンの共通していることの中に恵方巻は、おにぎりのように、どの恵方巻にも海苔と酢飯は別々になっていて、海苔が乾いた状態で食べられるため持ち味のパリパリ感をうまく出しています。

 

福を呼ぶ七品目の恵方巻

 

おにぎりでも、あの海苔のパリパリ感は出来たてそのものを食べられる感じで食感がかなり増します。その得意技を全ての恵方巻で実現しているのですね。

定番である恵方巻の中に入っている具材は、穴子、おぼろ、しいたけ煮、かんぴょう煮、きゅうり、厚焼き玉子、れんこんの7品目が具材として入っています。

 

「福を呼ぶ七品目の恵方巻」

 

縁起がいいとされている7つの素材が入るのは、今や定番中の定番の恵方巻になっています。

 

コンビニによって入る具材はそれぞれ違っても、各社7品目は定番と言われている恵方巻に普通に入っていますよね。

食べてみて海苔の演出によって、食材の美味しさが倍増される感じになります。これはとてもうれしいですね。

海苔のおにぎり式の別封入はファミマでも一部取り入れていました。

「福を呼ぶ七品目の恵方巻」の味は、まずまず美味しいですね。メチャメチャまでいかないです。

 

スポンサーリンク



セブンイレブンの恵方巻2017年版 「贅沢恵方巻」

 

名前のとおり贅沢さが表れている一つに、いくらがしっかり存在感を出していました。

「贅沢恵方巻」

恐らくコンビニの中では、価格がアップしている分だけ、いくらを余分目に多く投入されている感じがします。

しっかりと中身を乾燥を防ぐパッケージされていているのは他も共通ですが、同時に湿気が入らないように周りを厳重に封されています。

中の贅沢恵方巻はそれぞれの味がしみ出してトラウトサーモンも多めに入っていて美味しく食べられました。

 

「贅沢恵方巻」

 

入っている具材は、トラウトサーモンマヨネーズ和え、平伊達、きゅうり、しいたけ煮、かんぴょう、いくらです。

「贅沢恵方巻」は名前負けしなくて具材の豊富さがあるのは良かったですね。

セブンイレブンの恵方巻2017年版 「海老とツナのサラダ巻」

 

サラダ系の恵方巻もまた、定番化されて人気の種類の一つになっていますが、セブンイレブンでは相性のいいツナを取り入れて恵方巻としてます。おにぎりでもそうですよね。

 

「海老とツナの恵方巻」

ツナと海老のマヨネーズ和えの相性はさらに抜群で、ツナ+海老+マヨとなれば、味も食感も倍増でしょうか。マヨネーズのジューシさがあってすっと食べられてしまいます。

 

「海老とツナの恵方巻」

 

具材は、海老マヨネーズ和え、胡麻入りツナオニオンマヨネーズ和え、厚焼き玉子、きゅうり、かに風味かまぼこの5品です。

ダブルマヨネーズで口通りの滑らかさで食べやすい。

セブンイレブンの恵方巻2017年版 「牛すき巻牛蒡しぐれ仕立て」

 

メインは牛ごぼうしぐれですね。ここにこだわって作られた恵方巻です。

 

「牛すき巻牛蒡しぐれ仕立て」

最後の冠に「恵方巻」と入れずに、仕立てで終わっているのは、一つのお皿に盛られた「料理」としてのイメージを演出しているのかもしれません。

牛牛蒡の牛もしっかりと存在感を出して、少しツブも若干大きめに入っているようにも感じました。味もしみて少し濃い目の味を出していました。

 

「牛すき巻牛蒡しぐれ仕立て」

ガッツリまでいかないものの、牛を食べているといった実感はあります。

 

まとめ

 

全体的には美味しく食べられました。やはり「恵方巻の元祖」とも言えるように、味としては普通ですが、おいしさ、素材の粒ぞろい感はありました。

特に、海苔を酢飯とセパレートして、おにぎりと同じように、海苔のパリパリ感を感じて食べられるのはうれしいです。

パンフレットに比べても、写真写りとは違いますが、このあたりを改善できれば、さらに老舗の味は引き立つこと間違いないと思われます。

印象的だったのは、いくらがしっかり入っていたこと、海苔のパリパリ感は他のコンビニは無いので抜群でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください