千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県に存在する!?

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県に!?

『千と千尋の神隠し』のあの幻想的な風景に見られる風景や建物のモデルになった場所はどこなのでしょうか?

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬とも言われています。

異次元とも神秘的な世界とも言える風景は、独特な雰囲気を醸し出して描写されています。景色、建物、お店、たたずまいそのものが凛としているは背景はスタジオジブリ独自の映像マジックですね。

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬なのかは、どうした根拠から浮上してきたのか?

そのあたりを調べてみました。

スポンサーリンク




千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県の積善館本館?

 

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉はいくつかあると思われます。唯一、ピンポイントで「ここがモデルになった場所」とは言い切れないのですが、そのモデルの候補の一つの温泉に、群馬県の『積善館本館』があるとも言われています。

 

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県に!?
出所:www.sekizenkan.co.jp/

この千と千尋の神隠しのモデルになっているのではないかと言われる候補地を順に見ていきたいと思います。

まずは、千と千尋の神隠しのモデルと指定された温泉や旅館は、これっと明言や正式発表はされていませんが、映画『千と千尋の神隠し』の背景や建物から比較すると、まさしく雰囲気は群馬県の『積善館本館』から、そのまま伝わってくるところはあります。

スポンサーリンク




その幻想的な雰囲気はなかなかのものですね。特に夜になると、あの幻想的なシーンが蘇ります。

 

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬にある根拠は?

 

群馬県 四万温泉(しまおんせん)の積善館本館の、四万温泉とは「四万の病気を治す」と言われ、四万温泉老舗湯治場で、ゆったり湯治体験ができる温泉の一つです。

その積善館本館は日本最古の木造湯宿建築、建物を取り巻く周囲を見ていただくと、映画の千と千尋の神隠しから見える、その雰囲気は伝わってきます。

若い人には新鮮な感覚で映画を観たシーンの雰囲気が伝わるでしょうし、年配の方では古き良き時代の雰囲気が映画のシーンとともに伝わるかもしれません。

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬では?といった根拠に、「千と千尋の神隠し」の制作前に宮崎駿監督がこの旅館を訪れた話もあったようで、映画にでてくる湯屋や映画に登場する赤い橋やトンネルのシーンなども似ているとして注目されたのが群馬県の積善館本館なのです。

 

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県に!?
出所:tabit.jp/

赤い橋がシーンで登場しますが、赤い橋は日本全国無数にあります。近くの公園にも欄干がある赤い橋はありますが、例えば、赤い橋を渡った後に湯屋のような建物があるところは、なかなか見当たりません。そうしたところからも千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬では?となったのですね。

特に緑の屋根が「本館」は雰囲気があの湯屋のようにも感じられますね。さらに積善館本館以外に、「山荘」と「佳松亭」との3つの建物である本館、山荘・亭で構成されています。

どの建物も風情があり、千と千尋の神隠しやジブリファンならずとも絶対一度は行ってみたい場所になります。

 

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は群馬県?まとめ

 

「千と千尋の神隠し」のモデルや背景になったシーンや場所は、一つにないと思われます。宮崎駿監督が住まわれる場所から始まり、各地訪問された由緒ある温泉や旅館、日本全国や海外まで幅広く見たもの感じたものをエキスにされてイメージが仕上がって、映画のシーンに絵コンテや想いが表現されていくのでしょう。

テーマに沿って浮かび上がる映画のアニメとしたジャンルを超えた、現実と過去、風情、地域の良さをふんだんに、しかし自然に盛り込まれていった中で仕上がる作品とも言えるでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください