2017 セブンイレブン 恵方巻 予約開始!種類と具材、味や食感は?!

2017 セブンイレブン 恵方巻

2017年 セブンイレブン 恵方巻 の予約が始まり、色々な種類の恵方巻が登場しています。

気になるセブンイレブン 恵方巻の中身と種類、予約方法、それに恵方巻の味と食感の違いはどうなかです。

各種類の価格、具材、味と食感も気になり、どうせ美味しく食べるなら恵方に向かって美味しく食べたいですね。

2017年のセブンイレブン 恵方巻 、一体どんな恵方巻なのか色々調べてみました。

スポンサーリンク



セブンイレブン 恵方巻 2017年の各種類、具材、販売地域、価格は?

 

セブンイレブンの恵方巻は種類も豊富ですが、いったいどんな種類の恵方巻があるのかです。

セブンイレブンの全ての恵方巻の種類を、品目、販売地域、長さ・幅のサイズ、価格(税込み価格)、具材を下記のように一覧表でまとめました。

恵方巻品目 販売地域 長さ×幅 cm 価格 具材
七品目の恵方巻 レギュラー 近畿、中国、四国除く全国 13×4.5 420円 穴子、おぼろ、かんぴょう、きゅうり、しいたけ煮、厚焼玉子、れんこん
七品目の恵方巻 ミニ 茨城、近畿、中国、四国除く全国 8.5×4.5 298円 同上
七品目の恵方巻 ミニ 茨城のみ 6×4.5 250円 同上
八品目の恵方巻 レギュラー 近畿、中国、四国 13×4.5 420円  穴子、厚焼き玉子、おぼろ、かんぴょう煮、きゅうり、高野豆腐、しいたけ煮、れんこん
八品目の恵方巻   ミニ 近畿、中国、四国 8.5×4.5 298円  同上
贅沢恵方巻  全国 8.5×4.7 598円  かんぴょう煮、きゅうり、しいたけ煮、トラウトサーモンマヨネーズ和え、いくら、平伊達
海老とツナのサラダ巻 茨城 13×4.7 640円 胡麻入りツナオニオンマヨネーズ和え、きゅうり、厚焼玉子、かに風味かまぼこ、海老マヨネーズ和え(レギュラーサイズ)
海老とツナのサラダ巻 茨城 6×4.7 298円 同上(ミニサイズ)
海老とツナのサラダ巻 茨城除く全国 8.5×4.7 390円 同上(ミニサイズ)
牛すき巻牛蒡しぐれ仕立て 全国 8.5×4.5 390円  牛蒡しぐれ、玉ねぎ煮、牛肉煮
海の幸恵方巻 北陸 12×4.8 480円  サーモン、ヤリイカ、鮪たたき、数の子、海老、大葉、きゅうり、厚焼玉子

 

地域によっては、販売されていない恵方巻もありますが、それぞれの地域にあった具材が入ったセブンイレブンの恵方巻で十二分に堪能できるのではないかと思われます。

スポンサーリンク



2017年 セブンイレブンの恵方巻の特徴は?

 

セブンイレブンの恵方巻の2017年版は種類によって、上記の一覧表のように、種類に応じて具材が多彩に使い分けされています。通常は縁起のいい定番とも言える七品目の恵方巻ですが、地域によっては穴子を取り込んだ八品目の恵方巻であったりします。

縁起がいいとされる七品目の素材としては

かんぴょう、レンコン、穴子、おぼろ、椎茸煮、厚焼き玉子、きゅうりです。

贅沢恵方巻では、トラウトサーモン、いくら、平伊達を使用したり、海の幸恵方巻ではサーモン、数の子、海老など海鮮物をふんだんに取り入れた具材を使っているのが特徴になります。

セブンイレブンの恵方巻 まとめ

 

セブンイレブン 2017年の恵方巻は、定番とも言える「福を呼ぶ七品目の恵方巻」のレギュラーサイズ、ミニサイズを選択できたり、中国、四国の地域限定でふんだんな多くの具材を取り入れた「八品目の恵方巻」

また、贅沢な具材を使用した「贅沢恵方巻」、海老とツナのヘルシーさが感じられる「海老とツナのサラダ巻」であったり、牛肉が好きな人には喜ばれそうな牛肉とごぼうを使った「牛すき巻牛蒡(牛ごぼう)しぐれ」、

北陸限定の贅沢な海鮮物を中心に恵方巻の中に取り入れた「海の幸恵方巻」など、セブンイレブンの恵方巻はどの種類も食べたくなるような一品一品になっていますね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください